創傷(皮膚の傷)を回復する作用

創傷とは、肌などの体の外側に出来た傷のことです。プラセンタには創傷を回復する作用があることが確認されています。

創傷が回復する過程

止血、炎症

創傷皮膚に傷が出来ると、まず出血が止まり、炎症が始まります。このとき、創傷箇所にある細菌を殺すという働きも行われます。このような、血液を凝固させたり細菌を殺したいという働きには、白血球や血小板など多くの血液成分が関わっています。プラセンタの造血作用は、これらの血液成分の生産を促進します。

炎症は、有害な刺激を拡大させないための防御反応です。しかし炎症が長期化すると炎症自体が体にとって有害となってしまうため、プラセンタの抗炎症作用がこれを抑えます。

肉芽組織の増殖

それから、肉芽組織が創傷箇所に増殖し始めます。肉芽組織とは、赤みを帯びた非常に増殖力の強い組織です。肉芽組織の中では繊維芽細胞がコラーゲンを生成します。プラセンタはこの繊維芽細胞を活性化し、コラーゲンの生成を助けます。

表皮の生成

最後に、肌の最も外側の表皮が生成され、傷がふさがれます。このとき、プラセンタに含まれる成長因子EGFが表皮の生成を助けます。

このようにして創傷が治癒されるわけですが、これには多くの肌組織の成分や血液成分、またこれらを滞りなく運ぶための血行の良さが重要になってきます。プラセンタに含まれる豊富な有効成分や血行促進などの薬理作用が、創傷回復の大きな手助けとなります。