細胞の新陳代謝を促進する作用

プラセンタには細胞の新陳代謝を促進する作用がある事が確認されています。

新陳代謝(ターンオーバー)が低下するのには、成長因子の減少や血行不良、栄養の偏りなど、いくつかの原因があります。プラセンタはこれらの原因に働きかけて、新陳代謝を促進します。

新陳代謝の低下

新陳代謝とは

健康な体私たちの体は、60兆個の細胞から成り立っています。そしてその細胞は毎日少しずつ生まれ変わっています。新しい細胞が作られ、古くなった細胞は排出されています。この細胞の生まれ変わりを、新陳代謝(ターンオーバー)といいます。

新陳代謝の周期は細胞ごとに違いますが、例えば肌の表皮の新陳代謝の周期は約28日間です。今ある表皮は、28日以上経過する頃には全て別の細胞に入れ替わっているということです。この周期が遅れるとシミやくすみの原因になったり透明感を失ったりと、様々なトラブルを引き起こします。

これは肌だけでなく、臓器など体全体の細胞にとっても同じことです。新陳代謝の低下は病気など様々なトラブルの原因となります。年齢とともに低下してしまうものですが、新陳代謝が低下することこそが老化であるとも言えます。

新陳代謝が低下する原因

成長因子

成長因子はグロースファクターとも呼ばれ、細胞の増殖を促進する特別なタンパク質です。胎児が数ヶ月間という驚異のスピードで成長するのは、母親の胎盤で作られる豊富な成長因子のおかげです。

私たちの体内でも生産されていますが、若い頃には体内に豊富に存在する成長因子も、年齢とともにその数は減少していきます。

プラセンタに含まれる成長因子は細胞の新陳代謝を促進する手助けをしてくれます。

栄養のバランス栄養バランス

細胞も物質ですから、作り出すには材料が必要です。それが毎日の食事から摂取しているバランスの良い栄養です。どんなものでも材料が不足していては完成しませんが、それは細胞にとっても同じことです。ですから、栄養に偏りがないことはとても大切なことなのです。

プラセンタの豊富でバランスの良い栄養は、新しい細胞を作り出すために有効に働きます。

血行不良

血行血液には、体の各部に必要な栄養素を届けて、老廃物を持ち帰るという働きがあります。血行が悪いとこの働きが滞ってしまい、新陳代謝に必要な物質を届けられなくなってしまいます。

プラセンタの血行促進作用は、血液の流れを良くすることで新陳代謝に必要な物質を必要箇所にスムーズに届ける手助けとなります。