精神を安定させる作用

プラセンタには精神を安定させる作用がある事が確認されています。

精神が不安定にする要素はいくつもありますが、ホルモンバランスの乱れや自律神経のバランスの乱れという大きな2つの原因があります。プラセンタはこの2つの原因を解消することで、精神を安定させます。

精神が不安定になる原因

ホルモンバランスの乱れ

心の安定女性は更年期や、また生理の周期に合わせてイライラしたり、不安になったりと精神が不安定になることがあります。これは、ホルモンバランスの乱れから起こります。

脳内の神経伝達物質の一つに、セロトニンという物質があります。セロトニンは、嬉しいなどの感情を生み出す快感物質であるドーパミンや、不安などを生み出すノルアドレナリンをコントロールし、精神を安定させる働きをします。

このセロトニンと深い関わりのあるのが女性ホルモンの一つであるエストロゲンです。エストロゲンは男性の体内でも分泌されています。

エストロゲンの分泌量が減少すると、セロトニンも減少します。するとドーパミンやノルアドレナリンを上手にコントロールできなくなり、精神が不安定になってしまいます。

プラセンタのホルモンバランス調整作用でエストロゲンの分泌量を調整することで、精神を安定させます。

自律神経のバランスの乱れ

心の安定自律神経は心と大きな関係があります。自律神経には交感神経と副交感神経の2つがありますが、交感神経は精神を緊張させる役割を持ち、逆に副交感神経は精神をリラックスさせる働きをします。

このバランスが乱れると、イライラしたり、無気力になったりしてしまいます。

プラセンタの自律神経を調整する作用は、交感神経と副交感神経のバランスを整えることで精神を安定させます。