内分泌(ホルモンバランス)を調整する作用

内分泌とは、ホルモンを分泌することです。ホルモンのバランスが乱れると、生理不順や更年期障害、肌のトラブル、頭髪が薄くなるなど様々な症状が現われます。

プラセンタは内分泌を調整し、ホルモンのバランスを正常に保つ働きをします。

ホルモンバランス

内分泌とは

私たちの体は、体内で様々な物質を作り出して分泌しています。汗や唾液など、皮膚や粘膜、消化器官に分泌することを外分泌、内分泌腺から血管やリンパ管に分泌することを内分泌といいます。この内分泌腺から出る物質がホルモンです。

ホルモンバランスが乱れる原因

ホルモンバランスの乱れストレス

ストレスはホルモンバランスを乱す原因となってしまいます。プラセンタの精神を安定させる作用は、精神的なストレスを抑え、ホルモンバランスを調整します。

副腎の機能の低下

副腎では、男性ホルモンが作られます。副腎の機能が低下すると、ホルモンが適切に作られなくなり、バランスを乱してしまいます。プラセンタは副腎の機能を健全に保ち、ホルモンバランスの乱れを防ぎます。

卵巣機能の低下

女性は、40代あたりから卵巣の機能が低下し始めます。卵巣は女性ホルモンを分泌する器官です。この機能が低下すると、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が低下し、ホルモンバランスが乱れてしまいます。これが、更年期障害です。

プラセンタは卵巣の機能を強化する事が確認されており、卵巣機能不全の治療には保険が適用されます。また、更年期障害の治療に関しても同様に、保険が適用されます。