プラセンタの、免疫力を強化する作用

ウィルスプラセンタには、免疫力を高めてくれる作用がある事が認められています。

自然免疫のNK細胞を安定化することや、獲得免疫物質であるサイトカインや抗体の生産を高めることが明らかとなっています。

免疫とは

免疫は、細菌やウィルスから体を守るための防御機能です。

まず、自然免疫(生まれつき持っている免疫)が細菌やウィルスなどの外敵に対応し、これで撃退できなかった場合は獲得免疫(感染することで身につく免疫)が働き、対応します。

自然免疫

皮膚や粘膜がウィルスなどの外敵を防げなかった場合、抗体やナチュラルキラー細胞(NK細胞)などが外敵に対して攻撃を開始します。

そしてマクロファージというリンパ球の一種が反応すると、攻撃を開始するとともにT細胞に外敵発見の信号を送ります。

獲得免疫

風邪をひいた人外敵発見の信号を受けたT細胞はマクロファージとともに、サイトカイン(細胞間の情報伝達物質)であるインターロイキン1.インターロイキン2を生産します。これらのサイトカインが細胞間の情報伝達を行い、連携をスムーズにします。

T細胞やB細胞が外敵に対して攻撃し破壊、B細胞が抗体を作り出します。

そしてT細胞とB細胞は、この外敵に関する情報を記憶し、再び進入してきたときのために備えます。