プラセンタの、免疫力を強化する作用

皮膚の炎症炎症は本来は体を守るための機能ですが、長期化するとこれが原因で別の病気に発展してしまう恐れがあります。

プラセンタにはこのような炎症絵多さ得る作用が認められており、様々な炎症によるトラブルの改善に役立てられています。

炎症とは

炎症というと、あまり良いイメージを持つ人は少ないと思いますが、実は炎症は私たちの体が有害な刺激を受けたときに体を守るための防御反応で、有害な刺激による被害を拡大させないために必要な反応です。

各部の炎症有害な刺激というのは、以下のような刺激のことです。

  • 細菌やウィルス
  • アレルギー
  • 物理的因子(熱や傷、紫外線や放射線など)
  • 科学的因子(化学薬品など)

これらの刺激が体に与えられると、防御反応として炎症を起こし、刺激を受けた部分を早く直そうとします。このとき、熱を帯びたり腫れたり痛みが伴ったりします。

炎症の慢性化は病気の原因

体を守るはずの炎症ですが、これが長期化し慢性化すると、これが原因で病気になってしまう事があります。

胃炎が悪化して胃潰瘍になってしまったり、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなども慢性炎症です。こうなってしまう前に、またこうなってしまったら早めに炎症を抑える必要があります。

プラセンタの持つ抗炎症作用は、炎症による様々な病気の治療や改善に役立てられています。