プラセンタの、血行を促進する作用

血流血行不良には様々な原因があります。

プラセンタはこれらの原因に対して色々な方面からアプローチし、血流の改善して血行を促進します。

血行不良の原因

血液がどろどろ

血液がどろどろになると血流が悪くなり、血行不良を起こしてしまいます。プラセンタの豊富でバランスの良い栄養素や造血作用で血液を健康に保ち、サラサラにして血流を改善します。

自律神経

血行自律神経は交感神経と副交感神経に分けられますが、この2つのバランスが悪いと血行不良の原因となります。

交感神経が優位な状態がでは血管が収縮され、血行不良を招きます。

副交感神経が優位になると、血液中の顆粒球が増えてしまいます。この顆粒球が死滅するときに発生する活性酸素が血液を酸化させてしまい、血液がどろどろになってしまいます。

プラセンタの自律神経調整作用で、これを抑えることが出来ます。

筋肉の疲労

筋肉の疲労からくる筋収縮は、筋肉の内部にある血管をを圧迫して血流を妨げてしまいます。筋肉の疲労を回復することで凝りが解消され、血流の改善につながります。プラセンタの豊富な栄養素は、筋肉の疲労を回復します。

血行がよくないと

血液は、栄養素や老廃物を運搬するという役割があります。栄養や酸素、ホルモン、免疫物質などを必要箇所に届け、二酸化炭素や老廃物を排出するために然るべき器官に届けるのです。

血行か良くないと、これらの物質の運搬がうまくいかず、体調不良や病気、肌荒れなどの原因となってしまいます。