海洋性や植物性プラセンタと、動物性プラセンタの違い

植物性プラセンタプラセンタといえば、一般的には哺乳類の胎盤(placenta)から抽出された動物由来のものをいいます。

ですが植物や魚から抽出されたものにも「○○プラセンタ」と名付けられている場合があります。

植物や魚には胎盤(placennta)はない

もちろん植物や魚には胎盤(placennta)はありませんので、正確にはプラセンタではありません

動物性プラセンタの仲間であると誤解しそうですが、動物性と同様の効果は得られません。

海洋性や植物性プラセンタは、「成長因子」を含まない

残念動物性プラセンタが優れた効果を発揮できる最大の理由は、哺乳類特有の成長因子にあります。植物性や海洋性のプラセンタには含まれていません。

成長因子が含まれているからこそ、肌や臓器などの細胞の新陳代謝を活発にしたり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進したりといった効果が期待できるわけですが、成長因子を含まない海洋性・植物性プラセンタにはこのような効果は期待できません。

植物性は安全?

植物性プラセンタは「植物由来だから安全」ということがセールスポイントになっていますが、動物性プラセンタに関しても安全性は確かです。

植物性・海洋性プラセンタの特徴

植物性プラセンタとは

植物性プラセンタとは、植物から抽出された栄養素を含むサプリメントです。

植物には動物のような胎盤(placenta)はありませんが、代わりに「胎座」と呼ばれるものがあり、これも英語でplacentaと訳されます。ですから、名前の上ではプラセンタといっても間違いではありません。

胎座とは、植物の胚珠が心皮につく部分のことで、アミノ酸を多く含んでいます。しかし、肝心な成長因子を含んでいませんので、動物性プラセンタのような効果を得ることは出来ません。

決定的に違うのは、やはり効果の高さです。

海洋性プラセンタとは

海洋性プラセンタは、マリンプラセンタとも呼ばれ、魚(主に鮭)の卵巣膜から抽出されます。

アミノ酸を多く含みますが、やはり哺乳類特有の成分である成長因子は含まれません。