プラセンタはサプリで摂るのがいい理由

サプリメントプラセンタはサプリの他に、化粧品や注射もあります。でもサプリを選ぶ人が多いようですね。

それぞれのメリット・デメリットを考えると、多くの人にとってはやはりサプリで摂る方法がベストのようです。

プラセンタサプリのメリット

続けやすい

プラセンタは特に「続けることで得られる効果」もありますので、効果が現れるまで、できれば3か月程度は続けることが大切。

そのため、「続けやすい」ことがとても重要です。

化粧品だとつけるのが面倒だったり、注射だと通院の手間や痛み、費用の大きさで続けるのが難しい場合が多くあります。

サプリの場合はただ飲むだけ。費用面でも、ほかのサプリに比べると高価かもしれませんが、注射や化粧品に比べると続けやすい価格です。

コスパが良い

コストパフォーマンス「効果」だけでいえば注射が一番。でも高額です。

サプリの効果は注射ほどではありませんが、「費用対効果」(コストパフォーマンス)でいえば注射より高いと思います。

効果は全身

部分的な効果しか得られない化粧品と比べて、サプリの効果は全身です。

プラセンタ化粧品にできることは主に美白と保湿。対してプラセンタサプリは美白と保湿、さらにシミや黒ずみの原因や乾燥の原因にもアプローチできます。

化粧品は「肌の奥まで」といってもせいぜい「表皮」の奥まで。真皮層までは届きません。サプリは内側からなので真皮層にも効果を発揮できます。

もちろん肌だけでなく、体中のいろんなところに様々な効果が期待できます。

プラセンタサプリのデメリット

商品によっては効かない場合も

効果なし残念なことですが、「プラセンタ」と名の付く製品の中には決して「品質が良い」とは言えないものもあります

特にプラセンタは、品質しだいで効果が大きく違うサプリです。

品質の良くない製品を選んでしまった人は「プラセンタ…、効果ない…」と思われたことでしょう。

値段が高いから品質が良いとは限りません。ですので選ぶ際は値段だけで決めず、「品質」の良さを見極めてお選びください。

効果ある?

「プラセンタ注射は医薬品だから効果があるのは分かる。でもサプリのプラセンタに効果あるの?」と、問題はここですよね。

「サプリメント」は医薬品と違って「効果あります」、「治ります」と断言できないのが厳しいところですが…。

効果が期待できるからこそ、いろんな場面で使用されている

医者プラセンタのサプリは、クリニック(医療機関)でも使用されることがあります。通院の難しい患者さんに使用するようです。

ちなみに、医薬品の「プラセンタ錠」というものもあります。サプリとの違いは、成分を見る限りでは違いはナシ。「医薬品」としての認可を受けているかどうか、の違いのようです。製造技術など品質を見た限りでは…最近のサプリの方が上のように思えます。

いずれにせよ、医療機関やエステサロンなどでも使用されていること、「効いた」という口コミが多いこと、高い人気が続いていることも、「効果の裏付け」ではないでしょうか。

何より、当サイトスタッフがプラセンタでいろんな効果を実感しています。