プラセンタに含まれる成分、アミノ酸について

私たちの体の約半分(水分を除いて)はタンパク質です。そのタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。

体に必要なアミノ酸は20種類。それぞれが個々の重要な役割を持っています。

また、アミノ酸同士が結合しペプチドとなることで、さらに別の働きをします。

20種類のうち、体内で合成することができる11種類を非必須アミノ酸といい、体内で合成できないため外部から摂り入れる必要がある9種類を必須アミノ酸といいます。

20種類全てが必要で、特に非必須アミノ酸は体の中で作り出せないので、不足しないようバランスよく摂る必要があります。

アミノ酸の働き

非必須アミノ酸

■ アスパラギン
アスパラギン酸に変化します。エネルギー生産に大切な役割をします。
■ アスパラギン酸
糖質を筋肉のエネルギーに変換するのを助けます。肝機能の促進や体内の老廃物の処理、疲労回復に効果があります。
■ グルタミン
免疫系の機能に重要な働きをします。
筋肉のたんぱく質合成を助けたり、潰瘍の治癒を早めたりします。
■ グルタミン酸
運動時の疲労回復を促進します。 脳での代謝やほかのアミノ酸の代謝に重要な働きをします。 知能を高め、潰瘍の治癒を早めます。
■ アルギニン
脳下垂体に働きかけ、成長ホルモンの分泌を促します。体の余分なアンモニアを除去します。血管を拡張し、血液を通りをよくします。免疫力を高めます。
■ チロシン
神経伝達物質である、アドレナリンやノルエピネフリン、ドーバーミンの原料となります。
■ アラニン
アルコールの代謝を改善する作用があります。 脂肪の燃焼に関わっています。また、免疫系をつくりだすのに重要です。
■ プロリン
筋肉の合成時の材料です。筋肉のエネルギー源として使われます。 脂肪の燃焼に関わっています。コラーゲンの主要成分でもあります。
■ システイン
白血球の活性を高め、炎症を抑えます。 傷の治癒の促進、ブドウ糖の代謝。組織の抗酸化反応を助けます。また、シミの原因となるメラニン色素の沈着を防ぎます。
■ アラニン
脂肪の燃焼に関わっています。また、免疫系をつくりだすのに重要です。
■ セリン
皮膚の潤いを保つ天然保湿因子の主成分です。記憶、神経系の機能を補助します。

必須アミノ酸

■ ロイシン
運動時のエネルギー源となり、筋肉のタンパク質の分解を抑えます。 肝機能を増強します。
■ イソロイシン
体の成長を促進したり神経の働きを良くします。血管の拡張、肝臓機能強化、筋肉強化。
■ リジン
体組織の修復や成長、代謝を促進します。ホルモンを産出します。ブドウ糖の代謝や肝機能の増強、脂肪の燃焼に関わっています。抗体を作り、ウイルスの働きを抑制します。
■ バリン
血液中の窒素バランスを調整したり、筋肉の成長を促進します。運動時のエネルギー源となります。
■ ヒスチジン
成長に不可欠なアミノ酸です。神経機能を補助します。関節炎の症状を緩和します。
■ スレオニン
成長促進や、肝臓に脂肪が蓄積して脂肪肝になるのを防ぐ作用があります。
■ フェニルアラニン
脳と神経細胞の間で信号を伝達する、神経伝達物質として働きます。抑うつ症状を解消し、気分を高揚させます。鎮痛作用もあります。
■ メチオニン
血中コレステロール値を下げたり、活性酸素を取り除きます。不足すると肥満の原因になります。
■ トリプトファン
精神安定、鎮静、催眠作用のある神経伝達物質、セロトニンを生成します。セロトニンは、睡眠サイクルを正常にしたり、活性酸素を減少させる作用をもつメラトニンに変わります。

活性ペプチドとは?

アミノ酸どうしが結合したものをペプチドといいます。その中でも体にとって重要な役割を持つものを生理活性ペプチドといいます。

現在では生理活性ペプチドは数多くの種類が確認されていて、脂質代謝改善記憶促進、糖代謝改善、食欲調節、血圧降下、精神的ストレス緩和など、いろんな生理作用を持ちます。