プラセンタの豊富な有効成分

プラセンタの成分プラセンタには美容と健康を強力にサポートする成分がとても豊富に含まれています。

タンパク質、脂質、糖質の3大栄養素は、体を作ったり生命を維持する上で重要な栄養素です。ビタミンとミネラルは、3大栄養素の働きを支えます。3大栄養素にビタミンとミネラルを加えて、5大栄養素といいます。

タンパク質

タンパク質は、複数のアミノ酸が 結合した状態のもの。

私たちの体は、水分を除くと約半分がたんぱく質でできています。体を構成する重要な栄養素だといえます。

体の各所にあるコラーゲンも、たんぱく質の一種です。

アミノ酸、活性ペプチド

タンパク質はアミノ酸の集合体です。

人体が必要とするアミノ酸は20種類。それぞれが生命活動に重要な別々の役割を持っています。

また、アミノ酸同士が結合し、活性ペプチドとなることで更に特別な役割を果たします。

成長因子

成長因子もアミノ酸の集合体、タンパク質の一種です。

体の各部の細胞の増殖や分化を促進させる働きがあります。新陳代謝を促進させることで、肌や体の傷ついた部分を修復します。

特に、成長因子を含むことはプラセンタの最大の特徴です。

酵素

酵素もタンパク質でできています。

消化、吸収、代謝、排出など、人間の全ての生命活動に関わっています。体内で作られる酵素には限りがあり、不足すると生命活動に支障をきたしてしまいます。

 

脂質

「細胞膜」や「神経組織」、「核酸」等の構成成分として重要な栄養素です。大変効率の良いエネルギー源として、体内で利用されます。また、脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

脂質が不足すると、血管や細胞膜が弱くなり、脳出血の可能性が高まります。また、疲れやすくなり、体力の低下を招きます。

脂質に含まれている必須脂肪酸は、体の細胞膜の成分やホルモンの材料などになっています。これは体内で作ることが出来ません。不足すると、発育の障害や、皮膚炎の原因となったりします。

糖質

糖質は炭水化物とも呼ばれます。
(正確には、糖質と食物繊維の総称が炭水化物です)

ブドウ糖は脳にとっての唯一のエネルギー源です。不足するとと脳にエネルギーが行き渡らなくなり、集中力が低下します。

また糖質が不足すると、ブドウ糖を作り出すために大切なアミノ酸を消費します。結果、体の不調や肌荒れの原因ともなってしまいます。

ビタミン

ビタミンは、体内での様々な化学反応を円滑にするためのもので、体内で作り出すことは出来ません。

大きく分けて、水溶性ビタミン、脂溶性ビタミンの二つに分けられます。

水溶性ビタミン/ビタミンB群 (B1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸)、ビタミンC

脂溶性ビタミン/ビタミンA、D、E、K

ビタミンB群は、代謝に必要な酵素を助ける補酵素として働き、ビタミンCはコラーゲンを生成するときに必要であったり、また抗酸化作用を持つものなど、それぞれが別々の重要な働きをします。

ミネラル

ミネラルもまた、体内で作り出すことが出来ないため、食事などから摂り入れる必要があります。大きく分けて主要ミネラルと微量ミネラルに分けられます。

主要ミネラル/マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、塩素、硫黄

微量ミネラル/鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、コバルト、モリブデン

ミネラルは、体の構成材料となったり、ビタミン同様に生体機能の調節を行ったり、補酵素として働いたりします。

その他

糖質やタンパク質などで複合してできた物質で、5大栄養素のどれにも分類しにくいものをここで紹介します。

核酸

全ての細胞内に存在します。細胞の分裂を指令する司令塔ですので、不足すると新陳代謝に支障をきたします。年齢とともに減少していきますが、食事で摂り入れられ、体内で再合成されます。

ムコ多糖体

体内の各部に存在し、細胞同士をつなげる役割もしています。スポンジのような働きもし、水分を保ちます。ヒアルロン酸やコンドロイチンなどが有名です。