プラセンタでシワやたるみの対策

しわプラセンタを使用した人に、「ほうれい線が薄くなった」、「フェイスラインがすっきりした」という意見が多く見られます。

プラセンタにはしわやたるみを改善する効果があると考えてよさそうですね。

それでは、しわやたるみがなぜ起こるのか、プラセンタはそれに対してどのような働きをするのか見ていきましょう

シワの原因と、シワへのアプローチ

シワと一言でいっても、小じわ深いシワがあり、それぞれ原因がやや異なります。

小じわのできる原因

小じわは、ちりめんジワとも呼ばれる細かい小さなシワです。

その原因は肌の乾燥です。乾燥することで皮膚が硬くなり、顔に表情を作ると皮膚がしなやかに曲がらず「折れ曲がる」という感じに。その硬い皮膚が折れ曲がった感じの部分に溝ができて、シワとなるのです。

小じわ対策は肌の乾燥を防ぐことです。プラセンタは皮膚の油分の調節や、保湿成分であるヒアルロン酸を肌に作り出すことで、肌の乾燥を防ぐことができます。

深いシワ

深い皺深いシワは、小ジワを放置した結果さらに溝が深くなることでできてしまいます。

小ジワは肌表面の「表皮」にできるのに対し、深いシワはさらにその下の「真皮」にまで溝が達してしまっています。そのため、一度できてしまった深いシワは修復するのが困難です。

深いシワに対して何かできることがあるとすれば、真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の産生を活発にすることです。

プラセンタに含まれるFGF(線維芽細胞増殖因子)は、線維芽細胞を活性化してコラーゲンなどの産生を促します。

たるみの原因と、たるみへのアプローチ

たるみ顔の肉や皮膚が垂れ下がってできる、たるみ。若いころにはピーンと張っていた肌が、年齢とともにそのハリが失われてしまったことにあります。

原因はコラーゲン等の減少

たるみの原因の一つに、コラーゲンやエラスチンの減少があります。

コラーゲンは繊維状の物質で、皮下で立体的な網目を作っています。エラスチンはそのコラーゲンの網目にまとわりついて、コラーゲン網を強固なものにする働きをしています。

このコラーゲン網の隙間に詰まっているのがヒアルロン酸。ヒアルロン酸が水分を蓄えているので重くなっています。

コラーゲン網が肌の重みに耐えられない

さて、この皮下のコラーゲンやエラスチンが減少すると、網の力が弱くなって皮膚を支える力が弱くなってしまいます。張りを失ったお肌では顔についた脂肪や筋肉、水分の重みに耐えられず、垂れ下がってしまいます。これがたるみの正体です。

真皮の組織を再生することで解消

上にも説明しましたが、プラセンタのFGFにはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を産生する線維芽細胞を活性化する働きがあります。

減少したコラーゲンなどが肌に戻れば、たるみは改善に向かうでしょう。