プラセンタでシミ・くすみの予防と解消

プラセンタには、

  • シミを予防する
  • できてしまったシミを排出する

という効果が期待できます。

それではまず、なぜシミやくすみができるのかということから見ていきましょう。

シミやくすみの出来る原因

お肌に活性酸素が発生

肌が紫外線を浴びると、表皮に活性酸素が発生します。活性酸素はウィルスや細菌を撃退するという大切な役割がありますが、過剰に発生すると肌を酸化、つまりサビつかせようとします。

活性酸素が起因となり、メラニンが発生

肌のシミ活性酸素が大量に発生すると、肌の酸化を防ぐために、肌の基底層にあるメラノサイトという細胞内に存在するチロシナーゼという酵素が働き、チロシンというアミノ酸をメラニンという褐色の色素に変化させます。

このメラニンが肌を黒く変化させる原因となり、日焼けの黒い肌やシミ・くすみとなります。

発生したメラニンが肌に残ってシミになる

発生したメラニンは、通常であれば肌の新陳代謝(ターンオーバー)により徐々に肌の外へ押し出され、最後にははがれ落ちるのですが、新陳代謝がうまくいかなかったり、メラニンが大量に発生してしまった場合、肌にずっと残ってしまう場合があります。これがシミです。

最も厄介なのは、あまりにも大量にメラニンが出来てしまったために真皮にまでこぼれ落ちてしまった場合です。これはなかなか排出されにくい頑固なシミとなってしまいます。

プラセンタが、シミやくすみを予防

シミの原因となるのは紫外線を受けて発生した活性酸素です。

プラセンタの持つ活性酸素除去作用は、シミを作る原因となる活性酸素を除去してメラニンの生産を抑制します。

できてしまったシミを排出する

シミはできてしまっても、表皮のターンオーバー(新陳代謝)で皮膚の外にどんどん押し出されて、いつかは剥がれてとれます。しかしこのターンオーバーが正常でないと、シミが上手く外に排出されません。

プラセンタには表皮の新陳代謝促進作用があります。出来てしまったシミやくすみを肌の外へ排出するために大切なターンオーバーを活発にします。

厄介なシミ(真皮のシミ)の解消にも

シミのない美肌シミは肌の表皮で作られます。その下の真皮層では作られません。

ですが、表皮でできたシミが真皮にこぼれ落ちることがあります。これは表皮のターンオーバーでは外に出ない、とても厄介なシミになってしまいます。

こうなってしまったらマクロファージ(白血球の一つ)がメラニンを侵食して、リンパや毛細血管を通って体外へ排泄されるのを待つしかありません

プラセンタの免疫力を高める作用は、マクロファージも活性化することが明らかとなっています。活性化されたマクロファージは真皮に落ちたメラニンを食べて、シミを薄くするよう働いてくれるでしょう。