プラセンタで心も健康に

心の健康心の病気といえば、うつ病が最も有名でではないでしょうか。プラセンタは病院で、うつ病の治療にも使われているのだそうです。

ただし性同一性障害や○○依存症、○○恐怖症なども心の病気ですが、これらはプラセンタでは効果が期待できません。

では、プラセンタは「心」に対して何ができるのか、見ていきましょう。

感情のコントロール

プラセンタで効果が期待できるのは、楽しい、悲しい、憂鬱、怖いといった感情のコントロールです。その仕組を説明しましょう。

脳、ホルモン「心」とはいえ、これを支配しているのは「脳」です。脳内にアドレナリンやセロトニンといった感情を左右するホルモンが分泌されると、人の感情が動きます。例えば、楽しいと感じたり、怒りの感情が湧いたりします。

逆に、感情の安定を保っているホルモンが減少すると、心が不安定な状態になります。例えば、安心感がなくなり不安になったり、やる気がなくなったりといった具合です。

うつ病は、「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンが不足することが、主な原因だといわれています。

プラセンタにはホルモン分泌を調節する作用があることが認められています。脳内ホルモンを調節することで、過剰な感情の起伏を抑えることができるのではないでしょうか。

女性は特に感情の起伏が激しい

ちなみに、うつ病の発症率は女性が男性の2倍なのだそうです。これは性ホルモンのバランスが乱れやすいからだといわれています。性ホルモンが乱れると脳内ホルモンにも影響して、感情の起伏が起こるということなのでしょう。

特に、ホルモンバランスが乱れやすい生理前にはイライラして怒りっぽくなったり、何もないのに泣きたい気持ちになったりと、感情が乱れがちに。

こんな症状にも、ホルモンをうまく調節することができれば、解決できそうですね。

やる気が出ない、という場合にも

自律神経の乱れ動かなくちゃいけないのに、なんだかやる気が出ない。そのくせ夜になると元気になって、なかなか眠れない。

原因は様々ですが、主な原因の一つに「自律神経」の乱れがあります。

自律神経には2つあって、
交感神経は「活動的に動く」ように、
副交感神経は「身体を休ませる」ように働きます。

正常な自律神経は、昼には交感神経が優位になってやる気を出させたり、夜には副交感神経が優位になって身体を休ませたりしています。

このバランスが乱れると、昼間なのに動く気がしない…ということが起こってしまいます。

プラセンタには自律神経のバランスを調節する作用があります。乱れた自律神経を正常にすることができれば、「気力」を取り戻すことができるかもしれませんね。