プラセンタ注射(医療)

プラセンタ注射病院では、プラセンタの注射剤を打つことができます。

使用されるプラセンタは、医薬品として厚生労働省から認可を受けた、「人」の胎盤から抽出した注射剤、ラエンネックかメルスモンのどちらかで、症状によって使い分けられます。

それ以外の注射剤もありますが、もちろん厚生労働省の認可は受けていません。

プラセンタ注射の使用目的

プラセンタ療法(病気の治療)

医者プラセンタ注射は様々な病気の治療に役立てられています。

プラセンタのすばらしいところは、過剰に作用し過ぎないという点です。

例えば、血圧を上げる薬であれば過剰な投与は過剰に血圧を上げてしまい、血圧を下げる薬であれば過剰に血圧を下げ過ぎてしまいます。

プラセンタの働きは、体を正常化することです。上げ過ぎず下げ過ぎず、肌や体や精神の、本来の正常な状態に近付けようとするのです。

肝機能障害、乳汁分泌不全、更年期障害の場合、保険適用となる場合があります。それ以外は保険適適用外です。

美容・健康維持に

最近では美容のために、健康維持のために、また体の元気をつけるためにプラセンタ注射を打つ人も多いのだそうです。

顔の気になる部分に直接注射するというやり方もあるみたいです。

プラセンタ注射の注意事項

安全性は100%ではない

厚生労働省は人間の胎盤エキスの注射剤を利用した人が献血をすることを禁止していますので、以降は献血が出来なくなります。理由は、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の輸血感染の可能性があるためです。

ただし、100%安全とは言い切れないということであって、実際にこれが起こった例は今までに一度もありません。

サプリメントや、ドリンクであれば問題ありません。

注射には副作用がある

注射「プラセンタ」自体は安全性の高いものですが、これを「注射すること」には軽微な副作用があります。

  • 注射した部分が赤くなる、痒くなる
  • 寒気、吐き気、熱が出る、体が痒くなる

などです。

原因は主にアレルギー反応だといわれています。

私たちは普段タンパク質を食事で、消化器官を通して摂取しています。しかしプラセンタ注射となるとタンパク質の製剤を直接体内に注入するわけですから、「自分のものではないタンパク質への拒絶(免疫)反応」つまりアレルギー反応が起こるというわけです。

病院選びは本当に大切!

病院選びプラセンタ注射には「正しい打ち方」があります。しかしこの正しい打ち方が分かっておらず、間違った打ち方をしている病院が多いのだそうです。

  • 正しいのは筋肉注射、もしくは皮下注射です。
  • 静脈注射(血管に注射針を差し込む)や点滴は間違いです。

この間違った方法では効果が薄いだけでなく、ショック状態や、呼吸困難、けいれんなどが起こる場合があります。

それだけならまだしも、間違ったプラセンタ注射による「死亡事故」も実際に起こっています。

最近の流行にのって、「プラセンタ注射はじめました」みたいな病院が多いのは察しがつきます。それでもプラセンタ注射のことをちゃんと分かって正しい打ち方をしてくれれば良いのですが…。打ってくれと言われたから打つ、注射だから静脈に注射する、というような病院では危険です。

プラセンタ注射の病院選びは、慎重に行って下さい

もしプラセンタ注射のときに、針を刺す痛みしか感じないようであれば、それはおそらく静脈注射です。(皮下注射や筋肉注射は、薬剤の注入時にすごく痛いです。)そんな場合は病院を変えることをオススメします。

プラセンタが病気の治療に使用されている例

皮膚科

アトピー性皮膚炎、発毛促進、皮膚潰瘍、じんましん、湿疹、乾癬、腋臭、シミ、そばかす、しわ、タルミ、ニキビ

内科

頭痛、肝炎、肝硬変、 慢性胃炎、胃潰瘍、胃弱、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、糖尿病、高血圧、低血圧、気管支喘息、慢性気管支炎、貧血、慢性疲労、習慣性便秘食欲不振、パーキンソン病、るいそう

外科・整形外科

慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩、肩こり、むちうち、外傷、手術後の創傷治癒、下肢静脈瘤

婦人科

更年期障害、月経困難症、不感症、生理痛、腰痛、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症

泌尿器科

前立腺肥大、夜尿症、膀胱炎

歯科口腔科

歯槽膿漏、歯周病、味覚低下、口内炎、舌炎

眼科

角膜炎、アレルギー性結膜炎、眼精疲労、視力低下、白内障

耳鼻科

アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症、耳鳴り、難聴、臭覚低下

精神神経科

うつ病、神経症、自律神経失調症、不眠症、拒食症、てんかん、不安神経症、パニック症候群

その他

抗がん剤、放射線後の副作用軽減 、痔、精力増進、滋養強壮、疲労倦怠改善、冷え性、虚弱体質、病中・病後の体力回復、風邪予防、息切れ、不眠、便秘、めまい

妊娠女性実に多くの診療科で、様々な病気の治療に使われていることが分かります。

それもそのはず、プラセンタはある一つの目的のために作られた化学合成薬とは違います。

胎盤には哺乳動物を作り出す力があり、プラセンタはその胎盤からの抽出物です。哺乳類である私たち人間の全身を正常化することに働くのも納得です。