プラセンタに副作用はない?安全性は大丈夫?

副作用プラセンタには人体に悪影響を及ぼすような重大な副作用はありません。

プラセンタは、「化学合成して作られた薬」とは違います。胎盤からの抽出物ですので、元々私たちの体内に存在するものや、私たちが必要としている栄養素などが成分です。

ですから、プラセンタにはリバウンドも、習慣性も、依存症もありませんし、他の薬などと併用しても問題ありません。

ホルモンやウィルスなど人体に害をなす可能性のある物質も含まないので、安全性は高いといえます。

「副作用」について

まず「副作用」という言葉についてですが、これは本来は「薬」に使う言葉で、治療に必要な作用を主作用といい、それ以外の作用を副作用といいます。

ですがサプリや化粧品などについても「望まない効果」というような意味で使われることが多いですね。ここでもそのような意味で、プラセンタの副作用を説明します。

「プラセンタ」に副作用はある?

どんなサプリでも、化粧品でも、食品でさえも人によって「合う」、「合わない」があります。プラセンタにも同じ事がいえます。

またビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養素でも摂り過ぎると体にはかえって良くありません。

そういった意味では、プラセンタにも全く副作用がないとはいえません。

考える女性プラセンタも摂り過ぎると良くありませんし、人によっては体に合わない場合があります。

多量摂取または急激に摂取すると、一過性のものですが、にきびが出たり、生理が早まったり出血が多くなることがあります。

こうなった場合は摂取をやめれば元に戻ります。またプラセンタには本来にきびの発生を抑えたりホルモンバランスを整える作用がありますから、摂取量を抑えて飲み続けることで正常化される場合も多いです。

プラセンタには副作用がほとんどない

薬品科学合成薬の場合、副作用はどんな薬でも起こる可能性があり、副作用が全く無い「薬」は無いといっても過言ではありません。起こってもほとんど問題ないものから、命に関わるようなものまで様々です。

一般的に、作用の強い薬ほど副作用も強い傾向にあります。

しかしプラセンタは高い効果を持ちながら、副作用がほとんど無いことで知られています。そのため、副作用の強い科学合成薬に代わる「代替医療」として、プラセンタが病気の治療に使われているのです。

プラセンタ「注射」の副作用について

プラセンタ注射プラセンタ自体は安全なものですが、これを注射することで起こる副作用があります。注射した部分が赤くなるなどです。いずれも軽微なもので使用をやめれば治まるものです。

しかし「間違ったプラセンタ注射」の仕方をした場合は話は別です。重篤な副作用が起こったり、死亡事故が起きたケースもあります。