プラセンタの歴史について

現代のサプリ現代ではプラセンタは、昔と比べて格段に高品質になっています。より高品質な原料を生産する技術、成分を壊さず抽出できる高度な製造技術が誕生したからです。

しかし、昔はこれほどまでに高品質なプラセンタを得ることはできませんでした。それでも古くから実に多くの著名人がプラセンタを愛してきたのです。

そして現代、芸能人やハリウッドスターなど、多くの著名人が美容や健康のために愛用していることが知られています。

古くは紀元前から

クレオパトラプラセンタが美容や健康のために使用され始めたのは、最近の事ではありません。
古くは紀元前から使用されていたという記録が残っています。

原点は古代ギリシャ、紀元前4世紀にまでさかのぼります。医学の父と呼ばれた医師ヒポクラテスが、この頃にはすでにプラセンタを薬として使用しており、これが始まりだと伝えられています。

秦の始皇帝は胎盤を不老長寿の薬として使用していたといわれています。
そして、以降歴代の皇帝が同様に胎盤を不老長寿の薬として使用することになるのです。

世界三大美女として有名な楊貴妃やクレオパトラもまた、胎盤を美容のために愛用していました。

薬として古い医学書に記されている

古い書物唐の時代には、「人胞」や「胞衣」などと呼ばれ、医学書に薬として記されています。

漢方薬として、また多くの薬に配合されている「紫河車」は、唐の時代にはすでに医学書に記されています。

プラセンタ療法の始まり

医療1930年代、胎盤を直接皮膚の中に埋め込む、胎盤埋没療法が行われていました。

その後日本でも、胎盤を直接皮下に埋め込む胎盤埋没療法が行われ、その高い効果が認められました。

ここから、胎盤からエキスを抽出して注射やサプリに使用するという、現代のプラセンタの使用法につながっていくのです。