プラセンタは危険なのでしょうか?

はてな?プラセンタはよく安全性が問われたり、危険性が示唆される事があります。

しかし、プラセンタには今まで人体に悪影響を及ぼすような副作用の報告はありません。

なぜプラセンタが危険と言われるのでしょうか?

プラセンタは動物の胎盤が原料

一般的に、植物性のものは安全であるという風に考えられています。それは、植物を原料に使用しているサプリメントなどの商品が、「この商品は植物性なので、動物性と違って安全です」というセールス方法をとっているからです。

これでは、動物性の商品が危険であると言っているように聞こえますが、私たちは毎日、肉や卵や牛乳など、動物由来の食品を食べています。

確かにプラセンタの原料は動物の胎盤ですので、ホルモンや菌を含んでいます。しかし、これらは生成する過程で全て除去され、何重にもチェックされています。プラセンタはこのような技術の無い紀元前から、処理されずに胎盤のまま使用されていました。

普段の食事それに対して私たちの食卓に並ぶ食品は、狂牛病や鳥インフルエンザ、野菜に関しても残留農薬など他にも様々な危険を含んでいるにもかかわらず、危険性をあまり考えずに食べています。

きちんと殺菌などの処理がされ安全性のチェックが行われているプラセンタは、私たちが毎日食べている野菜よりも安全だといえるのではないでしょうか?

効果の高いものには副作用がある?

科学合成薬一般的には、化学合成で作られた薬には高い効果がありますが、どんな薬でも少なくとも副作用があります。

ですから、科学合成薬を使うまでもない症状の場合には、なるべく副作用の心配の無い漢方薬を使用するのが良いとされています。

プラセンタは、化学合成で作られた薬ではありません。むしろ、漢方薬としても使われているほどの安全なサプリメントなのです。

確かに、プラセンタは美容・健康に高い効果を発揮しますが、それは肌や体を正常化することに働きます。安全性が確保されており、危険性はありません。

プラセンタ注射の危険性

注射プラセンタ注射は、更年期障害や肝障害などの治療で医療にも使われるほどの安全性を持っています。

しかし、プラセンタ注射を受けた人は、それ以降輸血をすることは出来ません。

それは、クロイツフェルトヤコブ病の、輸血による感染を、現時点では完全に否定することは出来ないからです。「おそらく大丈夫」という理由では、万が一にも問題が発生したときに国に責任が問われてしまうのです。

もちろん、これまでに医療や美容の目的で数多くのプラセンタ注射が使用されてきましたが、一度も副作用の報告はありませんし、安全であるといえます。

ただし、プラセンタ注射が安全なのは「正しい打ち方」をしている場合のみです。正しい打ち方とは皮下注射もしくは筋肉注射です。血管に針を刺す静脈注射は間違ったやり方で、これには危険が伴います。

ところがプラセンタを静脈注射するような、知識の乏しい医者が本当に多いのだそうです。