コラーゲンについて

美肌成分として有名なコラーゲンですが、肌や体とどのような関係があるのか、コラーゲンとは何か、あまり知られていないようです。

コラーゲンとは

コラーゲンの構造コラーゲンとは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するたんぱく質のひとつです。私たちの身体は、水分を除いた約半分がたんぱく質で構成されていますが、コラーゲンはそのたんぱく質の30%を占めます。

左の図のように、3種類の鎖状のアミノ酸が、らせん状に絡み合った構造をしています。これに熱を加えると3本のアミノ酸の鎖が1本1本に分離し、これがお菓子などに使われるゼラチンです。つまりコラーゲンとゼラチンは、形が違うだけで実は同じものなのです。

ゼラチンとなったコラーゲンは保湿力に優れ、化粧品などに配合されています。

コラーゲンにまつわる勘違い?

コラーゲンよく、「コラーゲンは年齢とともに減少します。」、「コラーゲンを摂りましょう!」、「コラーゲン配合の化粧品です!」という言葉を耳にします。

「減少したコラーゲンを、外部から補えばよい」、と勘違いしそうになりますが、コラーゲンのサプリメントや、コラーゲン配合の化粧品。これらを使用しても、コラーゲンがそのまま肌の一部となるわけではありません。

コラーゲンを摂ると、肌のコラーゲンになる?

サプリメントや食品などでコラーゲンを摂取しても、コラーゲンがそのまま体内に取り込まれて肌や体の一部となることはありません。

体内に入ると3種類のアミノ酸の形に分解されます。コラーゲンのままでは分子が大きすぎて、そのまま吸収することが出来ないのです。

これは、コラーゲンの材料となるわけですが、この材料(3種のアミノ酸)が再びコラーゲンとなる率は、それほど高くありません。

身体に必要なアミノ酸は20種類あり、この20種類の無数にある組み合わせで体内のタンパク質を作り出しています。コラーゲンは無数にあるタンパク質のうちの一種類なのです。つまり、摂り入れたコラーゲンは3種類のアミノ酸に分解され、これはコラーゲンの材料であると同時に、その他のタンパク質の材料でもあるというわけです。

大人と子供、同じ食事をして同じ量のコラーゲンを摂取しているはずなのに、子供の肌だけにコラーゲンが豊富にあるのはなぜでしょうか?それは、コラーゲンの不足する理由が材料の不足ではなく、生産能力の低下にあるからなのです。

肌に塗ると、肌のコラーゲンになる?

肌に塗る肌のコラーゲンと、化粧品のコラーゲン。この二つは役割が全く異なります。

肌のコラーゲンは、真皮に網目状に張り巡らされていて、主に肌に弾力を与える役割をしています。一方、化粧品のコラーゲンは、保湿成分として配合されています。

肌に塗ったコラーゲンは真皮層までは届きませんし、たとえ真皮層にまで染み込んだとしても、肌のコラーゲンの一部となることはありません。

化粧品では、肌の保湿の手助けをすることは出来ますが、肌自体にコラーゲンを補給することは出来ないのです。

肌の真皮の構造

真皮を構成する成分

真皮は主に、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸で構成されています。この真皮を形成する3つの成分を生み出すのが、線維芽細胞です。

肌

コラーゲンは、真皮内に網目状に張り巡らされていて、真皮の約70%を占めています。

エラスチンは、網目状に構成されるコラーゲンの線維をつなぎ止めるようにして支えている弾力線維です。エラスチンが不足するとコラーゲンを支えることができなくなります。

ヒアルロン酸は、網目状にあるコラーゲンの間を埋めるようにあります。弾力があり、また、水分を保つ役割をし、肌にうるおいを与えてます。

真皮の成分は加齢とともに減少する

網目状に張り巡らされたコラーゲンと、それを支え、つなぎとめているエラスチン。そしてこれらの間を埋めるヒアルロン酸。

これら3つはそれぞれが弾力を持つ成分ですが、お互いの相乗効果で肌にハリや弾力を与えています。どれか一つが不足しても肌のハリや弾力は著しく低下します。大切なのはコラーゲンだけではなく、これら3つのバランスです。

ところが、これらは年齢とともに減少していき、不足することにより肌の弾力性がなくなり、シワやたるみができやすくなります。また、うるおいを失うことで、様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

真皮を構成する成分を生成する、線維芽細胞

肌の構造真皮を構成する3成分、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、摂り入れることよりも、作り出すことが重要です。これらをを作り出す役割をする線維芽細胞を活性化することにより、肌を若々しく保つことができます。

この、線維芽細胞を活性化することの出来るのが、プラセンタ最大の特徴である成長因子の一つ、
FGF(線維芽細胞増殖因子)および、バランスのよい豊富なアミノ酸です。